FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北訪問

東北を訪問してきました。
4月11日(月)午後の早い時間に、御茶ノ水の事務所を出発。
ワゴン車に救援物資をギュウギュウ詰めにして、山崎総主事、大嶋主事、油木主事と共に出かけました。
東北自動車道を走り、仙台の手前のサービスエリアでガソリンを給油しているところで余震による大きな揺れを感じました。
震源地に近い福島では震度6弱とのことでしたが、余震にして震度6弱とは驚くばかりです。

仙台に到着して、まずは東北地区主事の成実主事のアパートを訪ね、東京から買っていったSubwayのサンドイッチで共に楽しく食事をしました。
アパートは、地震によって「半壊状態」になるのでしょうか?…「危険」の張り紙が貼ってありますが、成実主事を含め他の住人の方々も住み続けています。

その後、8時30分くらいから始まるFHI(国際飢餓対策機構)のミーティングに出席。
KGK関西地区の卒業生のS兄が全体の総指揮をしておられ、久し振りの再会を喜びました。
カップ麺の焼きそばとご飯を食べておられるところでしたが、震災後の早い時期から現地に入られて、こんな食事をしながら、先頭に立って指揮をとり、ずっと奮闘してこられたのだろうなあ、と思うと本当にご苦労様…という気持ちになりました。
東京基督教大学、同盟キリスト教団、その他、外国からのボランティア団体なども含めて、その日の活動の報告をしました。
KGKも、その中の一つとして、塩釜の教会での救援活動に協力しています。
そろそろ救援物資の必要から、段々と特に子どもたちやお年寄りの方々のメンタルケアーのニーズが高くなってきている印象を受けました。(とは言っても、勿論、地域によってそのニーズは多岐に渡っており、一概には言い切れないのは勿論ですが…。)

そのミーティングが終わって、塩釜の教会に車で移動しましたが、それまでに見たの光景は、外から見た限り、それほど大きな被害を受けたようには見えませんでしたが、塩釜に近付くと津波の被害にあった地域の深刻さが、夜の暗い中でも分ります。
それでも、もっと早い時期の光景を見ている大嶋主事によれば、随分と瓦礫や車の残骸が道の両脇に除けられていて大分ましとのこと…。

塩釜の教会に着いたのは11時少し前くらいだったでしょうか?…さすがにボランティア活動のベースなだけに、すでに消灯してあり、皆、眠りについていました。
イビキや寝息が聞こえる暗やみの中、小さなLEDライトを頼りに手探りしながら、着替えをして指定されたスペースに寝袋を出して、その中に滑り込みました。
凄まじい(?)イビキのせいもあって、なかなか寝付けない長い夜を過ごすことになりました。第一日。
(続きは、またの機会に…。)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。