FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

礼拝に向かう途中

今日(4/10)は、兵庫県垂水のK教会での礼拝説教奉仕。
阪急電車で三宮まで行き、そこでJRに乗り換え垂水駅まで行く途中、16年前に阪神大震災で大きな被害を受けた地域を通ります。
真の復興とは何なのか、ということを問うと難しいのですが、見た限りではすっかり町並みは綺麗に復興しています。
そして、今日は青空のもと桜が満開!
東日本大震災の被災地にも、こんな風に復興した町並みに、青空のもと桜が満開、という景色を見る日が来るのだろうか…勿論、早く来ることを心から願いたい。
そんなことを思いながら、礼拝に向かいました。
そのK教会は、阪神大震災のときに被災し、その当時、KGKの学生たちと共に、崩れた屋根瓦を降ろしたり、壊れた壁にコンパネを貼ったり、お手伝いをした教会です。
若さゆえ、わいわいとやかましくしたために教会のお隣の方に叱られてしまいました。
考えてみれば、被災して大変な思いをしているときに、ボランティア活動とは言え、楽しそうにわいわいとやかましくしていたら、それは心穏やかではいられないのも無理のないことでした。
明日(4/11)から東北に出かけます。
被災された方々の思いに少しでも近付くことができたら…と思います。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。