FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tチャペルでの特伝奉仕&父との最期の時

土曜日(10日)から日曜日(11日)にかけて広島県福山市のTチャペルの特別伝道集会の奉仕に行ってきました。
場所は、あの「崖の上のポニョ」の舞台になっている鞆の浦のすぐ近く。
教会は、K大学のMD兄のご両親が牧会・伝道しておられる教会です。
メッセージ奉仕は、土曜の晩と日曜日の朝の礼拝の2回…。
拙い奉仕だったと思うのですが、特にM牧師との親しいお交わりに心から感謝しました。

さて、父が召されたことについて、先日書き始めましたが、その続きです。
木曜日(6月24日)、父の容態が悪くなり、いよいよ今晩中か…と思われた、その晩、看取ることになるかと思いつつ、一晩中ベッドのそばで付き添いました。
その日は、ワールドカップのあの日本対デンマーク戦の日でした。
京都の自宅で深夜テレビ観戦しながらも、父の様子も心配してくれていた娘たちとメールでやりとりし「今、本田が1点入れた!」とか戦況も教えてもらいながら、父も最期の戦いを善戦していることを思いました。
苦しそうな呼吸のたびにずれる酸素マスクを何度も直しながら、義理の姉が交替のために来てくれた朝5時まで付き添いましたが、父はか細い呼吸ながらも持ちこたえました。

私は、南大泉の両親の家に帰り仮眠をし、日曜日(27日)にはK教会で礼拝説教の奉仕がありましたので、やはり一度京都に帰らなければならず、金曜日の午後、帰途につきました。
しかし、やはりもう一度、父を見舞ってから帰ろうと思い、再度、田無の病院へ…。
何ができる訳でもないのですが、何となく離れがたく時間が経つうちに夕方6時頃、兄(長男)が仕事帰りに現われました。
兄の最近の様子などにも話題が及び、本当に久し振りにいろいろと話す機会となりました。

京都の家に最終で帰れるためには、8時くらいには病院を出なくてはならないので、今度こそ最期の別れと思い、祈りつつ、別れの言葉をかけました。
父は、身体障害者でしたが、そのような身体で、しかも決して経済的に豊かではありませんでしたから、私たち3人の息子を育て上げてくれたことを思うと、改めて感謝の思いが湧いてきました。
そのことを感謝して、最期の別れをして、京都に帰りました。

いつ召されてもおかしくない、と言われながら、その後も何回となく意識レベルが上がったり、血圧が安定したり、また危ない状態になったりしながらも、翌週の月曜日まで持ちこたえ、その日(6月28日)の早朝5時過ぎに息を引きとりました。

葬儀は、斎場の混み具合や友引などの休場日の関係、さらに同居して一番よく面倒を見てくれていた兄(次男)の都合もあり、1週間ほど先になることが分り、すぐに上京する訳にも行かず、その日は予定されていたU主事との昼食、GAP研修、六甲祈祷会といつも通りに過ごし、しかも学生たちと夕食を食べて、何か不思議な感覚の残る一日でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。