FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業生の結婚式

11日(月・祝日)KGKの卒業生同士の結婚式のため東京に行ってきました。
お二人とも京都のD大学のイエス会という聖研のメンバーでした。
卒業して暫く京都に残っていた新郎のTT君と、ある時ばったりD大学そばの交差点で会いました。
彼は何か照れくさそうに、実はTAちゃんと学生時代からお付き合いしてたこと、そして結婚を考えてお付き合いしていることを話してくれました。
周りに対するいろいろな配慮もあって、学生時代はお付き合いしていることをオープンにはしないでいたようです。
それにしても今振りかって見ても「お見事!」という感じで、全然分りませんでした。
でも、二人のお付き合いのことを聞いたとき、本当に嬉しく思いました。

去年のある日、突然そのTT君から電話があり、結婚式のお招きを受けました。
そして11日の結婚式。
東京・練馬区の井草教会での厳かな結婚式、その後、池袋の自由学園明日館でのレセプションでは、お二人が多くの友人から愛され、支えられていたことが分る素敵な式でした。

新婦のTAちゃんとも久し振りの再会でしたが、その他にも思いもかけない久し振りの卒業生たちとの再会と交わりもあり、本当に嬉しかったです。
アカペラグループ「ゴスペリアン」のハーモニーも久し振りに聴けました。
讃美歌とラテン語の聖歌とても心に浸みわたり、新郎のTT君のお母様と弟さんが涙しながら聴き入っていた姿が印象的でした。
それとは対照的な(?)D大学イエス会時代のメンバーたちによる「鹿のように」も、素朴で良かったです。

教会での結婚式も多くの人の列席で、私が着いたときには座席が無くて後ろで立ち見(?)。
レセプションも立食パーティーで、ずっと立ちっぱなしで、足と腰が痛くなるほど、ちょっと疲れましたが、それでもとてもいい一日でした。
スポンサーサイト

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
昨年は、4月からブログを始めて、早くも7月に頓挫、長期休止状態に突入。
12月クリスマスに5ヶ月ぶりに復活。
新年を迎え、心新たにブログ更新を頑張ります!と言いたいところですが、また「三日坊主」になるかも知れませんが宜しくお願致します。

31日、大晦日から新年に向けての越年は、例年のようにお風呂で一人過ごしました。
いつも大概はそうなのですが、妻や子供たちが、紅白歌合戦やジャニーズのカウントダウンを観ているときに、お風呂に入って、一人静かに一年を振り返り、新年を展望するような一時を持ちます。
昨年を振り返ったとき、主が共にいてくださる、という約束の恵みが与えられているにも関わらず、そのことを具体的に喜び味わう時間を自ら選び取ることの何と少なかったことか、と思わされました。
私たちがそのことを選び取ろうと取るまいと、主が共にいてくださること自体は変わらない事実には違いないのですが、それでも、そのことを自ら喜んで、そのような時間を選び取ることが何と少なかったことか、ということです。
新しい年は、そのようなことを改めて大事にする、という基本にしっかり帰って、歩んでいきたい、と思わされました。

そんな中から考えさせられたこと、教えられたことなども、このブログで少しでもお分かちできたら、と思います。
今年も宜しくお願い致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。